カスタマイズノトリセツ

STINGER PLUS+ を始めとした、WordPressテーマのカスタマイズ情報を中心に取り扱うブログ。取扱説明書の様な丁寧な記事を心がけています。

初期設定関連

StingerPlus+でアクセス解析!WordPressにGoogleアナリティクスを導入する方法【サーチコンソール連動対応】

まだカスタマイズらしいカスタマイズも始まっていないのですが、随分と回を重ねてしまいました。

今日もカスタマイズ前の事前設定。サイト・ブログ運営者であればほぼ確実に設定しているアクセス解析の設定です。

アクセス解析はアクセス数を眺めて自己陶酔に浸るだけでなく、サイト改善の為の分析資料としても有益な情報が確認できますので、ぜひ皆さん導入しておきましょう。

ここでは「Googleアナリティクス」の導入と「サーチコンソール」との連動までを解説します。

どちらもGoogleが提供するサービスですので、事前にGoogleアカウントの取得を忘れないようにしてくださいね。

Googleアナリティクスの導入

まずはGoogleアナリティクスのアカウントを取得する必要があります。下のURLへアクセス。

参考Google アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

表示された画面の右上から「アカウントを作成」をクリックです。

Torisetu00062

するとGoogleアカウントへのログインを求められます。

Torisetu00063

ログインが成功すると以下の画面に。「お申し込み」のボタンをクリックする事で無料でアGoogleナリティクスを利用可能です。

Torisetu00065

アカウントが作成されると初期情報の入力へ。ここで入力する情報は後から変更も可能ですので、あまり心配する必要はありません。それぞれ適切な情報を入力すれば良いですが、「アカウント名」の項目だけよくわからないかと思いますがこれはサイト名を管理する為のアナリティクスアカウントの名称になるので、特に何を入力しても問題ありません。

Torisetu00066

最下部のレポートのタイムゾーンを忘れずに「日本」に設定したら「トラッキングIDを取得」をクリックです。いつも思うけど「業種」って何選べばいいかわからないよね。

Torisetu00067

利用規約がポップアップ表示されます。当たり前のごとく英語ですが、慌てる事はありません。

Torisetu00068

「アメリカ合衆国」となっている部分を「日本」に変更するとちゃんと日本語で規約や表示されます。内容をよく読んで「同意する」をクリック。利用規約を読まないのって日本人くらいのものらしいよ。

Torisetu00069

同意すると、指定したサイトのプロパティ画面が表示されます。画像ではモザイクをかけていますが、ここでWEBサイトごとの「トラッキングID」というものを取得できます。これはサイトを管理する為の個別な管理番号の様なもの。これをSTINGER PLUS+で利用するのでコピーしておきましょう。

Torisetu00070

ここでコピーしてきたトラッキングIDをStinger Plus+に設定する為、WordPressの管理画面を開きます。「STINGER管理」メニューを開いてください。

Torisetu00071

目次にもある、一番下の「Google連携に関する設定」まで移動します。 ここのアナリティクスコード(トラッキングID)という項目に「UA-」以降の値を入力してください。手入力だとミスタイプの可能性があるので、しっかりとコピーして貼り付けする事をオススメしますよ。

Torisetu00072

入力が完了したら「save」ボタンをクリックしてアナリティクスの設定は完了です。設定したばかりなのでアクセスはありませんが。

Torisetu00090

Stinger Plus+は丁寧な作りとなっており、Googleアナリティクスの設定を簡潔に実装してくれる様に作られています。

過去のStingerテーマやその他のテーマではGoogleアナリティクスの設定は全て手動で設定する必要があるものも多く、その際はHTMLの</head>タグの直前にScriptコードを埋め込むためにPHPの編集が必要だったりと意外に手間が多かったりします。

「何語しゃべってるか分かんねぇよコイツ」という人は、素直にStinger Plus+や、その他アナリティクス設定をサポートしてくれるWordPressテーマを利用する事をお勧めしますよ。最近は親切なテーマがいっぱいでシアワセ。

Googleアナリティクスをサーチコンソールと連動させる

Googleアナリティクスの登録はここまでで完了しましたので、このままでもアクセス数などの情報は確認する事ができます。

ですが、より詳しい情報(検索クエリ:ユーザーがどのようなキーワードで検索してきたか)を確認する為には、Googleが提供するもう一つのサービス「Search Console(サーチコンソール)」と連携する必要があります。SNS等で「サチコ」と呼ばれてるものはこれ。

このサービスはちょうど1年前までは「WEBマスターツール」 という名称でしたが、現在は「サチコ」の愛称で親しまれています。

とりあえず何も分からなくても早い段階で設定しておく事に損はないので、まずは設定を済ませてしまいましょう。

先ほどのアナリティクス管理画面から「アナリティクス設定」→「プロパティ」→「プロパティ設定」の画面に進みます。

Torisetu00073

このページを一番下までスクロールすると、「Search Consoleを調整」というボタンがあるかと思いますので、そちらをクリック。

Torisetu00074

現状はサーチコンソールと連動させているサイトがないので、「Search Consoleのサイト」が「なし」となっているかと思います。「なし」の右側にある「編集」リンクをクリックしてください。

Torisetu00075

ここでGoogleへの再ログインを求められますので、パスワードを入力して「ログイン」

Torisetu00076

ここからGoogleアナリティクスではなく、サーチコンソールのサイトへ移動しています。現在は初めてサーチコンソールへログインした状態ですので、もちろん接続済みとなるWEBサイトはありません。

「Search Consoleにサイトを追加」をクリックして先に進みましょう。

Torisetu00077

またもやアナリティクスにリダイレクトされる(飛ばされる)との注意メッセージが表示されますが、気にすることなく「OK」ボタンをクリックです。

Torisetu00078

と思ったら「Search Consoleへようこそ」と出ますが、正しい表示ですのでこのまウェブサイトのURLを入力しましょう。

Torisetu00079

こんな感じで自分のサイトのURLを入力したら「プロパティを追加」をクリッククリック。

Torisetu00080

ここでは、先ほどの画面で入力したURLが、本当に自分のサイトか確認する為の操作を行う必要があります。「おすすめの方法」にはその時々で異なるものが表示されますが、今回はHTMLファイルをアップロードする必要はないので「別の方法」をクリックします。

Torisetu00081

別の方法として、4種類の手法が提示されます。ここまで手順通りに行っていればGoogleアナリティクスの設定も完了しているはずですので「Googleアナリティクス」を選択して「確認」へと進むのです。さぁ。

Torisetu00082

するとあっという間に所有権の確認が完了。やっててよかったGoogleアナリティクス。「続行」のリンクをクリックです。

Torisetu00083

これでサーチコンソールの登録が完了しました。が、まだGoogleアナリティクスとの設定は完了していません

もう一度、Googleアナリティクスから「Search Consoleの調整」→「Search Consoleのサイト」の「なし」の右にある「編集」リンクをクリックします。

Torisetu00085

先ほどは何もなかった一覧に、サーチコンソールに登録完了したサイトが表示されるようになりました!!

Torisetu00086

先ほど登録したサイトを選択した上で、「保存」ボタンをクリックです!!

Torisetu00087

新しい関連付けを保存しようとしています、との警告メッセージが表示されますので、サイトが間違っていない事を確認した上で「OK」をクリック。

Torisetu00088

保存した後に再度「Search Consoleの設定」を確認すると、「Search Consoleのサイト」欄に今回追加したURLが記載されています。これでサーチコンソールとGoogleアナリティクスの連動設定が完了しました。

Torisetu00089

アナリティクスとサーチコンソールの設定完了!!

お疲れ様です。これでアナリティクス、サーチコンソールともに設定が完了しました。これからは何もしなくても有意義なデータが蓄積されていく訳です。

後は活かすも殺すも自分次第。アクセス数を眺めるばかりでなく、自己サイトの分析に有意義に使ってくださいね。

-初期設定関連
-, ,